Groveling things

爬虫類やらその他のイキモノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

怒れるおカメ

ハラガケガメ

ハラガケガメ

 カメは怒っていますが、僕は幸せです。念願のおヘビが手に入りそうです。早ければ明後日アップいたします。

 と、カメカメ。ハラガケは良いですよね。オオニオイガメ亜科の中でも、最後の砦といった感のあるおカメちゃんですが、最近はまた安くなってより手に入れやすくなってます。最も僕が中学くらいの時にもなぜか急に値崩れ起こして比較的安価なカメになったんですが、まぁ、あんくらいの時が底値で、今がちょい安いくらいで、本来は10万以上の価値が付いていても不思議ではないカメなんだと思います。同じくオオニオイガメ亜科のサルヴィンが昨今あれだけ暴落したのもひとえに国内ブリーダーさんの努力があってこそなんでしょうが、ちょっと最近は安すぎて不憫。まぁ、安くなって僕は買えたんですが、なんか供給が過多になり過ぎているような印象は受けます。生活必需品ではない分そこらへんの需要と供給のバランスが難しいところなんでしょうね。この亜科、飼うと非常に面白いんですけどねぇ。

ハラガケガメ

 案外僕はヘビばかりの人と思われていますが、他の爬虫類はもちろん好きですし、ちょっと苦手ですが両生類もイケる口です。というか生き物なら基本なんでも好きです。カメラの性能上爬虫両生類が大半を占めていますが、一眼とか買った日にゃあその他のタクソンが盛りだくさん登場しますよ!とか言ってみる。まぁ虫とか粘菌とか、結局は這うものが中心になるんでしょうが。

 そこでカメですが、飼育動物として見た場合、たぶんヘビの次に来るのがカメです。それもミズガメで、リクガメは一部を除いてずっと下にランクします。あくまで飼育動物として、ですが。
 そこんとこちょっと分けて考えて欲しいのが、僕は飼育屋さんの面も多分に持ち合わせておりますが、それだけではなく、見れりゃいいやとか、死体を検分するだけでいいやとかっていう側面もかなり占めています。だから実質的に飼育不可(というか禁止でしょ)な毒蛇もバンバン見に行きますし、取り上げています。これはひとえに毒蛇も良い側面あるよ~と言いたいだけであって、決して「飼いましょう」とか言ってるわけではないんですね。何も飼育だけが生き物との付き合い方じゃなくて、見る・聞く・調べる・戦うとかいった多岐にわたって生物と触れ合って、そうした生物という窓を使って自然を覗いて欲しいと思っていますし、自分もそうしようと心掛けています。

ハラガケガメ

 爬虫両生類に馴染みの薄い、所謂一般の方が、時々僕の撮る写真をきれいと褒めてくださりますが、まさに僕はそう言ってもらえるために撮っているわけで、自然という素晴らしい風景に開いた窓もきれいに飾りつけないと誰もその窓を覗き込むことはないだろうというのが考えの根底にあります。そもそも爬虫両生類というグループは、一般から誤解を受けやすい動物群ですし、その素敵さが伝わりにくい部分もあるかと思います。しかし、写真一つでその意識というものは変えられることもあるかと僕は信じておりますので、こうして写真を撮り続けるとこは、一つの自然保護の方向性だと妄信しておるのです。

まぁ、畢竟ハラガケはかわゆいのです。


テーマ:生き物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/21(土) 23:02:29|
  2. カメ Turtles
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

物欲限りなく

モンキヨコクビ

モンキヨコクビ Podocnemis unifilis

ブラジル、マナウス、アマゾン研究所(INPA)

 うやぁ、金はないのに物欲が半端ない。オオカミヘビの項でいつも書いている Dinodon のセプテンが売っているんですよ。結局のところ僕はこれを文献上でしか見たことがなく、現物を見てみたい!と思っているわけですよ。買えるかなぁ~買えないかなぁ~。こいつって現在下手したらバラマダラより流通がないかもしれませんね。死体でいいからほちい。

 モンキヨコクビは良いカメですよ。ただ、広いスペースと冬場の保温が必須ですけど。アマゾン研究所では、投げ入れた草とかに群がっていました。ポドクネミス万歳!
  1. 2009/11/20(金) 21:38:27|
  2. カメ Turtles
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

調子良いのか悪いのか

Phrynops tuberculatus

コシヒロカエルガメ Phrynops tuberculatus

 九レプで買って、ワチャワチャと元気いっぱいのカエルガメだが、先月いきなり餌を吐いて、元気がなくなる。特に環境を変えたわけでも、変な餌をあげたわけでもないのだが、それ以来陸に上がったり、隠れがちになったりして、元気がなくなった。

 どうしたんだよぅ、と心配していたが、最近は復活して水槽で立ち泳ぎまでして餌をねだる始末。

Phrynops tuberculatus

 去年ブラジルに行っていろいろな環境を見てきて、なんとなくカエルガメの好きそうな水環境を再現していたつもりだったが、こうした体調の変化には少々戸惑う。もともと大抵のカメは順応性も高く、適当に飼っていても早々死なないし、変に育つこともない。そんな中南米の曲頸はかなり水をいじる楽しみがあって飼育にも少々専門知識と技術が要求されるもので、飼っていて楽しいなぁ、と思うタクソンではあったが、いざ不調になるとカメ頼みになってしまうのだから僕の技量も児戯に等しいといったところだろう。そんな状況なのに、ちょこっとピーターズモレニアに心動かされているのは、いかんともしがたい。かのカメは安川センセを以てして「最も飼うのが難しい亀」と言わしめるほどだから。

テーマ:生き物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/06(火) 23:00:50|
  2. カメ Turtles
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

枯葉亀

ヒラタヘビクビガメ Platemys platycephala

ヒラタヘビクビガメ

 野外で、しかも海外でネイティブなカメを見つけるというには至難の業。

 おまけに落ち葉まみれで、ビチャビチャの水辺で、落ち葉そっくりのカメを見つけるなんざ、まず不可能。そんな時頼りになるのが現地ガイド。サクッと見つけて来てくれる。もしかしたらすごい偶然だったのかもしれないが、そこはそれ。得意げにはにかんだガイド氏の実力を素直に賛美しよう。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/08/26(水) 19:55:16|
  2. カメ Turtles
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かわゆき曲頸

コシヒロカエルガメ

コシヒロカエルガメ  Phrynops tuberculatus

かわゆさとうつくしさ。

南米の曲頸は素晴らしひ

Acanthochelys の多様さ、Podocnemis のダイナミックさもいい。Platemys の良さは言わずもがな。現地でも見たしね。Hydromedusaha はかっこいい。そして頂点に Peltocephalus が鎮座する。あ、マタマタもいますね。

コシヒロカエルガメ

 飼育面においても、水作りや餌の選択などなど、単に水張って飼うミズガメ飼育じゃなくて、創意工夫する楽しさが満載でございます。最近はCBメインの流れなので、こりゃ飼うしかないですよ。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/27(土) 22:29:51|
  2. カメ Turtles
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

アダシノレン

Author:アダシノレン
ノーダリニッチ島へ

修士[理学]


Mail : アルファベット小文字で,b.candidus@gmail.com



当ブログへのリンクはフリーですが、写真の無断使用・転用はお断りします。きちんと言って下さいまし。


使用カメラ : LUMIX DMC-FZ50
      : OLYMPUS E-620
: OLYMPUS E-3

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。