Groveling things

爬虫類やらその他のイキモノ

旅の始まりは何時も死体

リュウキュウイノシシ
リュウキュウイノシシ Sus scrofa riukiuanus
撮影地:奄美大島 住用町

 昨日奄美大島より無事に帰還致しました。
 寒さの割にまぁまぁってところでしたかね。

 1週間とか行けたなら結構余裕あって回れますが、2泊3日だと取りあえず決まったルートを効率良くという道筋になってしまいます。しかし、いつも通る道で異質なものが落ちていると嫌でも目につくもので、この日のスタートはリュウキュウイノシシのD.O.R.

 ちっこいイノシシの子で、撥ねられたのか何なのかは判りませんが、比較的綺麗な状態で死んでいました。とはいっても死後3日は経っていそうで、各穴々からはこぼれんばかりの白き天使たちが囀っておりました。眼のところのコンモリはお察しの通りです。そういえば、去年の奄美大島では夜車で林道を流していると子猫ちゃんがいましてね。向こうを向いてプルプルと震えているわけです。いつもならば気に留めず(ノラ猫はいかんなぁとは思いつつ…)通り過ぎるのですが、その時は異様な様子を感じて車から降りて近付いてみました。
 そしたら、あなた、猫の頭が半分無いじゃありませんか。どういうことかといいますと、こう、左半分の頭蓋骨がポッカリと空き、本来そこに脳があるはずの場所は丸々と太った蛆達で埋め尽くされていたのです。脳が半分蛆になっている。これが俗に言う頭に蛆が湧いてんじゃない状態の実写版ってやつです。こんな状態で生きているのが不思議なくらいのウジネコちゃんだったのですが、僕の気配を感じてか、写真を撮る暇もなく異様に機敏な動きで藪の中に消えて行きました。その現実離れした光景に唖然としつつも、哺乳類にあんなえげつない傷を拵えられるのはハブを於いて他に考えられん!と改めてハブの恐ろしさに戦慄を覚えた去年のGWでした。

 また、僕は以前高尾山でヒトの仏も見つけたことがあるんですが、魂が抜けて肉袋となってしまえば、ケダモノもニンゲンも差異はありません。野外ならば様々な分解者によって、刻々とその様相を変えられていきますし、そこには尊厳や人間性もなく、ありふれた自然の潮流として処理されていきます。まぁ、野外で死ぬと顔面とかがドエライことになるので、お勧めは致しませんが。てか、あの時は警察とか呼んで色々と面倒でした。何してたの?って聞かれて「ヘビを探していました!」って答えなきゃならないんですもの。
スポンサーサイト

テーマ:生き物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/04/30(火) 23:23:23|
  2. 哺乳類 Mammals
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<一年越しの邂逅 | ホーム | 期待しないよッ!>>

コメント

おお・・!

なんでしょうか。。死体って何やら独特の存在感がありますよね。。
見るといつもなにやら感じるのですが 上手く言葉で説明出来ない・・。

そう言う雰囲気が凄く伝わり
「あ!そうそう こういう感じ・・!」
と 思いました。。すごい。。
  1. URL |
  2. 2013/05/01(水) 19:49:34 |
  3. マンガ家 #-
  4. [ 編集 ]

死体の「そこにある感じ」が伝わったようで嬉しいです!って死体を前に云う言葉じゃないですね、苦笑。

人でも死んだら、普段意識しない人でも意識されてしまうくらいに、したいというものはインパクトがあるのでしょう。
  1. URL |
  2. 2013/05/02(木) 00:51:11 |
  3. 化野 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adashinoren.blog95.fc2.com/tb.php/790-4209e06c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アダシノレン

Author:アダシノレン
ノーダリニッチ島へ

修士[理学]


Mail : アルファベット小文字で,b.candidus@gmail.com



当ブログへのリンクはフリーですが、写真の無断使用・転用はお断りします。きちんと言って下さいまし。


使用カメラ : LUMIX DMC-FZ50
      : OLYMPUS E-620
: OLYMPUS E-3

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード