Groveling things

爬虫類やらその他のイキモノ

セイブ欲しい

ハブモドキ
ハブモドキ Macropisthodon rudis rudis

去年の今頃香港CBの名のもとに買ったハブモドキカエルを、入手するのがめんどいのでカエルを与えずピンクマウスを強制していたら、いつの間にやらピンセットから普通に餌をとるようになった。で、冷凍のカエルやったら吐き戻したので、以後ずっとピンクマウス。例外中の例外のハブモドキなんだろうが、同じくカエル食いのシシバナヘビなんかがいまやマウスで累代飼育され、品種改良までされていることを考えると、案外ハブモドキもイケるのではないかな、とか思う。今のところ給餌は週1、もしくは気が向いたら2でピンクマウス3匹or皮むきファジー1匹程度しか与えていないので、中々大きく成長しないが、痩せもしないのでこの給餌量でユルユルと飼育している。

 今の時期持ち腹のベビーが大量に出回るから、検証として腹ボテ雌を買って産まれたベビーを片っ端からこういうスタイルで飼ってみると半数くらいは生き残るかもしれない。そういえば、セイブハブモドキM.r.multiprefrontalisも出回っているようなので、これも欲しい。昔セイブ亜種のフルアダルトを見て度肝を抜かれたが、あのケバケバしい色彩はOvophisのマンティコラを彷彿させ、非常に魅力的だった。基亜種がタイワンハブやラッセルクサリヘビなのに対して、セイブはヤマハブとはやはり分布を反映しているのだろうか。亜種小名のもとになっている吻部の鱗相でこの亜種を同定するのは少々面倒くさいけれど、この亜種は色彩ですぐに見分けがつくと思う。ベビーの頃から基亜種と色ののりがまるで違う。
スポンサーサイト

テーマ:生き物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/05(水) 01:01:41|
  2. ナミヘビ(外産) Colubridae (Other region)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Dinodon septentrionale | ホーム | 今更のJRS2012>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adashinoren.blog95.fc2.com/tb.php/747-f39ea9c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アダシノレン

Author:アダシノレン
ノーダリニッチ島へ

修士[理学]


Mail : アルファベット小文字で,b.candidus@gmail.com



当ブログへのリンクはフリーですが、写真の無断使用・転用はお断りします。きちんと言って下さいまし。


使用カメラ : LUMIX DMC-FZ50
      : OLYMPUS E-620
: OLYMPUS E-3

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード