Groveling things

爬虫類やらその他のイキモノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

阿弗利加に寄せる

Rhamphiophis rostratus
Rhamphiophis rostratus 

最近はアフリカの蛇に思いを寄せてます。
 Hormonotus, Scaphiophis, Thrasops, Bothropthalmusなどなど。昔から考えれば、これらのような図鑑にも殆ど載ってないような連中が、ともすれば輸入されるかもしれないという現在の状況はとても素晴らしいものです。あとは、それに見合うように我々趣味者もより高度なレベルで爬虫類を楽しみたいものです。

 そういえば、写真のクチバシヘビ。サビイロクチバシヘビRhamphiophis oxyrhynchusの亜種ということでしたが、最近はrostratusとして別種と表記される場合も多いようです。で、肝心の基亜種ですが、サビイロの名の通り、全身薄い赤褐色で、斑紋や目に入るアイラインなどが全くありません。どちらかといえばズアカクチバシヘビRhamphiophis rubropunctatusに近い印象でしょう。

 クチバシヘビももう少し集めてみたいですが、このヘビの飼育の醍醐味は広い観賞用ケージに入れての飼育なので、プラケや衣装ケースに入れての飼育は味気ないものとなってしまいます。そのため、新しく導入しようと思っていても、スペース的な問題で「まぁいいや」となってしまってます。同じく、ブロンズヘビやタイガーラット、フクラミヘビなどの思いっきり広いケージで飼わなきゃ楽しくない連中も、そうした理由で購入を見合わせていたりするのです。

 狭いスペースで飼育できることがヘビ飼育の利点の一つですが、思い切って超広いスペースで飼ってみても、また違った行動や雰囲気を味わうことが出来ると思います。それこそ、現地の環境に思いを寄せてレイアウトするのも楽しいですし、メンテオンリーの飼育でなく、観賞するという側面も生まれてきます。弊害は、それにハマるとそうした環境を用意できるまで、新たな導入に躊躇するようになるということですが・・・笑

Rhamphiophis rostratus
Rhamphiophis rostratus

 
スポンサーサイト

テーマ:生き物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/12(木) 00:47:28|
  2. ナミヘビ(外産) Colubridae (Other region)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コケウツボ頭骨 | ホーム | 謹賀新年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adashinoren.blog95.fc2.com/tb.php/714-8a555457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アダシノレン

Author:アダシノレン
ノーダリニッチ島へ

修士[理学]


Mail : アルファベット小文字で,b.candidus@gmail.com



当ブログへのリンクはフリーですが、写真の無断使用・転用はお断りします。きちんと言って下さいまし。


使用カメラ : LUMIX DMC-FZ50
      : OLYMPUS E-620
: OLYMPUS E-3

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。