Groveling things

爬虫類やらその他のイキモノ

ナノハナハブ 弐

Protobothrops jerdonii

ナノハナハブ Protobothrops jerdonii
撮影地:香港

 さて、香港で撮ったナノハナハブ。国内には生かした状態で持ってこれないので、液浸固定。おそらく基亜種のP. j. jerdoniiとは思うものの、齢差もあるだろうし斑紋パターンでは識別がちょっと曖昧。中国に広く分布するP. j. xanthomelas ならば赤い斑紋が入るので、これは識別が簡単ですが、残りの2亜種、つまり基亜種と P. j. bourreti はかなり微妙な気がします。Gumprecht et al.(2004)の「ASIAN PITVIPERS」を見ると、両者で腹板数がかなり違っていましたので(基亜種:160‐173;bourreti:189-192)、これは使えるかもしれないと思い数えてみると、ちょうどこの両者間のレンジの間。う~ん…と調べていくと2009年に

Peng Guo, Anita Malhotra, Cao Li, Simon Creer, Catharine E. Pook & Tao Wen. Systematics of the Protobothrops jerdonii complex (Serpentes, Viperidae, Crotalinae) inferred from morphometric data and molecular phylogeny.

という論文が出ていたので、読んでみます。


Protobothrops jerdonii

 そいういえば、過去の論文で(Tu et al,2000とか)、琉球列島のホンハブ P.flavoviridis は地理的に近い地域に分布しているサキシマハブやタイワンハブよりも本種との遺伝距離が近く、それ故ホンハブが遺存固有的とされていたと思うんですが、Malhotora & Thorpe(2004)や Guo et al.(2009)の系統解析を見ると、ハブ・トカラハブ+サキシマハブ・タイワンハブで姉妹群を作り、ナノハナハブとは離れていました。これらの論文中でProtobothropsの系統地理は言及されていませんでしたが、将来的に従来の解釈が変わってくるかもしれません。

(使用カメラ:OLYMPUS E-620)
 
スポンサーサイト

テーマ:生き物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/12(水) 20:18:00|
  2. クサリヘビ Vipers
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャグアーさん | ホーム | あまりに寒いので>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adashinoren.blog95.fc2.com/tb.php/626-1cd078d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アダシノレン

Author:アダシノレン
ノーダリニッチ島へ

修士[理学]


Mail : アルファベット小文字で,b.candidus@gmail.com



当ブログへのリンクはフリーですが、写真の無断使用・転用はお断りします。きちんと言って下さいまし。


使用カメラ : LUMIX DMC-FZ50
      : OLYMPUS E-620
: OLYMPUS E-3

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード