Groveling things

爬虫類やらその他のイキモノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

背後より

ホンハブ

ホンハブ Protobothrops flavoviridis
沖縄島

 ぶりくらにて「Asian Pitvipers」を買ってきてもらう。未だかつてこれほどサキシマハブやらトカラハブの写真が載った書籍があっただろうか。僕の最も見たいピットバイパーである Trimeresurus andersoni の写真も19点もあるのだから恐れ入る。しかも、アンダマン諸島にしか生息しないこのハブの、地域ごとの頭部の写真があるが、何の意味があるのかわからないところが恐ろしい。
 一つ難癖をつければ、写真メインの本なので、各種の解説がかなり寂しい。まぁ、各種についてのリファレンスは詳細に掲載しているので、それを読みなさいということか。写真の半分を削って、文章に回してもらえれば、もう何の文句もない本だったのに、笑。
 しかし、この全368ページ中ほとんどが毒蛇のカラー写真というとんでもない本を1万円以下で買えたのは素晴らしい。ネット全盛の折、画像だけならば検索でいくらでも出てくるが、僕のような人種は書籍という媒体こそ至上の情報源と妄信しているので、写真も畢竟、書籍化されなきゃいやなのである。
 日本でも新たなヘビ類の専門書が発刊されることを願ってやまない。
スポンサーサイト

テーマ:生き物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/07(水) 07:26:00|
  2. ホンハブ Protobothrops flavoviridis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<レリエル | ホーム | 調子良いのか悪いのか>>

コメント

僕も欲しいです。でもAmazonだと高いですね。
そもそも全然詳しくない私ですが、アジアにどんなクサリヘビがどれだけ居るのかは興味があります。

それと僕も同様に、書籍に勝る情報媒体はないと確信しております。
  1. URL |
  2. 2009/10/07(水) 18:29:26 |
  3. acraeoides #aCXfCcIc
  4. [ 編集 ]

 図鑑って極端にマニアックなものになればなるほど高品質なんですが、需要の関係からも高価になってしまいがちですよね。
 ざっと見るだけならやはりテラログがお勧めですが、あれはAsian Pitvipersよりさらに文章が無いですからね。個人的に毒蛇の図鑑の頂点は「The Venomous Reptiles of the Western Hemisphere」であると思っています。種解説以外のところも読むべきところが多く、中々あれを超える図鑑というものは出ないと思います。
  1. URL |
  2. 2009/10/08(木) 19:51:58 |
  3. 化野 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adashinoren.blog95.fc2.com/tb.php/410-b7bf91c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アダシノレン

Author:アダシノレン
ノーダリニッチ島へ

修士[理学]


Mail : アルファベット小文字で,b.candidus@gmail.com



当ブログへのリンクはフリーですが、写真の無断使用・転用はお断りします。きちんと言って下さいまし。


使用カメラ : LUMIX DMC-FZ50
      : OLYMPUS E-620
: OLYMPUS E-3

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。