Groveling things

爬虫類やらその他のイキモノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アルバーティスパイソン

アルバーティスパイソン
 アルバーティスパイソン Leiopython albertisii は僕の好きな種の一つで、自宅では南部産1頭、北部産の雌雄1個体ずつ飼育している。気が荒いという点がよく取り上げられるが、そう大きくなるニシキヘビではないので、ある程度ヘビの扱いに慣れた人ならば別に造作もなく扱えるだろう。最近はベビーサイズの入荷が良く見られるので、そのサイズから扱っていればハンドリング可能な個体に育て上げる事も可能である。

アルバーティスパイソン
 飼育当初はやや餌付きにくい面もあるが、大抵の場合気温と湿度を高めに保って、殺したてのマウスを差し出せば餌付くだろう。餌付けばヘビとしてかなり丈夫な種類であり、あまり気負いせずに飼える種類だと思う。あとは繁殖を今年あたりから真面目にやってみようと思う。

 てなわけで、明日から2週間ほど八重山に出かけてくるので、ブログはその間お休みです。
スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/23(月) 02:36:08|
  2. アルバーティスパイソン Leiopython
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<黒いヒロオウミヘビ | ホーム | マングローブモニター>>

コメント

アルバーティスは、最高ですね!いつ見ても、カッコイイ!特に、上のボディが黒いタイプが好みです♪

私は、犬も熱帯魚もカリキンも飼っているので、場所と餌代など考えつつ、スネークをあと一匹増やしたいなぁ、と。候補は、アルバーティスかウォマか、頭黒(←こちらは予算的に難しいですが)にしようと思っています。
80オーバーのカリキンですら、本気で怒ると迫力あるので、性格の優しいアルバーティスに巡り会えたら良いんですが(笑)

しかし、2匹とも本当に魅力的なアルバーティスですね♪溜息が出ます・・・。
  1. URL |
  2. 2008/07/19(土) 00:00:02 |
  3. くろたまナイト #-
  4. [ 編集 ]

 最近のアルバーティスは大人しいものが多く見られるようになりましたね。ただ、性格は急変する事があるので、それなりに蛇の気が読めないと咬まれるかもしれません。
 まぁ、そんなに危なくは無いんですけどね。飼い込めば飼い込むだけ美しくなる良い蛇です。
  1. URL |
  2. 2008/07/26(土) 23:20:34 |
  3. 化野 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adashinoren.blog95.fc2.com/tb.php/40-892c82f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アダシノレン

Author:アダシノレン
ノーダリニッチ島へ

修士[理学]


Mail : アルファベット小文字で,b.candidus@gmail.com



当ブログへのリンクはフリーですが、写真の無断使用・転用はお断りします。きちんと言って下さいまし。


使用カメラ : LUMIX DMC-FZ50
      : OLYMPUS E-620
: OLYMPUS E-3

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。