Groveling things

爬虫類やらその他のイキモノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハルマヘラパイソンの慨然

ハルマヘラパイソン

 ハルマヘラパイソン Morelia tracyae 
 
 来て二か月近く。

 マウス(活・冷凍)・ラット(冷凍)・ヒヨコ(活・冷凍)を与えてみたがまるで食わず。本種をいくつか扱った経験があるショップの知り合いに聞いてみると、最初の餌付けはウズラが良いというようなことだったので、都合よく生きた親ウズラを入手したので与えてみる。

 ケージに投入してしばらくすると、ドッコンドッコンとアタックする音は聞こえてくるものの一向に締め上げたような音が聞こえてこない。様子を見るとウズラは健在だったので、しゃあないとウズラを〆る。〆る際首がひっこ抜けちまって、えらいあったかい血がドピュドピュ出てスプラッタ劇場。

 そのまま血付き、首なしのウズラを放置してたら、匂いをしきりに嗅いでいる。鼻先も摺り寄せている。これはいけるのではないか!と俄かに期待し、後は放置。


ハルマヘラパイソン

 翌日ケージを覗いてみれば、冷え切ったウズラの死体が一つ。

 食っちゃいねぇ。

 こういう状況を慨然というのか知らないが、兎に角、憤って嘆いた。

 ハルマヘラパイソン。何が気に食わんのか。頭がなかったのがいけなかったのか。ケージに高さが足りないのがいけないのか。僕が嫌いなのか。

 本種やモルカンパイソンの行動を見ていると、どうも樹上性傾向が強く、グリンパイに似た感じのとぐろを巻き落ち着いていることが多い。別に慣れた個体ならば、登り木など要らぬだろうし、地表性ぽい飼い方で問題はそうなかろう。

 ただ、慣れるまではやはり高さのあるケージで飼育し、餌付けは樹上から下の獲物を狙い、ぶら下がって巻きつけるような状況が良いのかもしれない。

 同便で入荷した他の全ての個体たちもまだ餌付いていないということを聞いたので、特別この個体が神経質ということではないのだろう。環境と状況を整えてやって、再度給餌に臨もうではないか。
スポンサーサイト

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2009/05/29(金) 04:06:51|
  2. ボア・パイソン Boas and Pythons
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幻獣夜景 | ホーム | ヘリグロヒメトカゲ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adashinoren.blog95.fc2.com/tb.php/314-29e3ec29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アダシノレン

Author:アダシノレン
ノーダリニッチ島へ

修士[理学]


Mail : アルファベット小文字で,b.candidus@gmail.com



当ブログへのリンクはフリーですが、写真の無断使用・転用はお断りします。きちんと言って下さいまし。


使用カメラ : LUMIX DMC-FZ50
      : OLYMPUS E-620
: OLYMPUS E-3

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。