Groveling things

爬虫類やらその他のイキモノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミヤコヒキ

ミヤコヒキガエル
 サキシマヌマガエルが日本のアカガエル科の中で一番可愛い、と以前書いたが、ヒキガエル科の中で一番可愛いものは?と聞かれたら迷わずミヤコヒキガエル Bufo gargarizans miyakonis を挙げる。多分世界的に見てもこのヒキガエルは可愛い。中々写真ではその可愛さが伝わらないが、現物のコミカルな動きと愛らしい姿を見れば納得してもらえるはず。

ミヤコヒキガエル
 森や道路にいくらでもいる。

ミヤコヒキガエル
 僕に見つかって、慌てて倒木を上り逃げようとするが、手足が短いので登れない。

ミヤコヒキガエル
 結局登れず、こちらを一瞥して森の奥にボフボフ跳ねて消えていった。

ミヤコヒキガエル
 色彩には意外と多型があり、ちゃんとしたヒキガエル模様の奴からほとんど無地の様な奴もいる。畑には写真のように土の色と似たような個体が多い気がする。

 ミヤコヒキガエルはこのように素晴らしいヒキガエルだが、去年からだか市の条例で島外に持ち出す事が禁止されてしまった。つまり、宮古島の個体はペットとしてもうお持ち帰りすることが出来ない。研究用にも、持ち出す際はかなり面倒な手続きが必要だという。

 しかし、本種は南大東島に帰化しているので、これなら持ち出しは容認されるかもしれない。なにより南大東では外来種。昨今、ヒキガエル類は外来生物法でかなりマークされているタクソンだが、このように、帰化した地域のものを捕獲し、徹底した管理下において飼育する分にはいいんじゃないかとも思う。勿論特定外来種に指定されているオオヒキガエル Bufo marinus なんかはそれに当てはまらないが。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/10(火) 02:27:26|
  2. カエル Frogs
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<椰子蟹と座頭蟲と白蟻 | ホーム | ミズオオトカゲ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adashinoren.blog95.fc2.com/tb.php/29-5f6e657a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アダシノレン

Author:アダシノレン
ノーダリニッチ島へ

修士[理学]


Mail : アルファベット小文字で,b.candidus@gmail.com



当ブログへのリンクはフリーですが、写真の無断使用・転用はお断りします。きちんと言って下さいまし。


使用カメラ : LUMIX DMC-FZ50
      : OLYMPUS E-620
: OLYMPUS E-3

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。