Groveling things

爬虫類やらその他のイキモノ

パシフィック・リムと翡翠の目

スミスヤモリ
スミスヤモリGekko smithii
撮影地:ボルネオ島 サラワク州ミリ

 平成ガメラ三部作を超える怪獣映画は最早日本以外から出ることはなかろうとパシフィックリムを観たが、やはりガメラの確固たる地位は揺るぎようがなかった。人が巨大な機械に搭乗し、巨大生物と戦う映画の基本的な見せ場のスタイルはエヴァンゲリオンで完成し、新劇場版の四角い奴、落ちてくる奴戦でカタストロフを迎えたと言っても良い。最早巨大でありさえすれば、従来通りの怪獣の姿をとる必要はないのだ。日本においては他にブルトンがあるし、外国ではただ単に増殖して崩れると言う斬新な攻撃法を持つモノリスモンスターがその先駆者ともいえる。
 怪獣の造形という点では矢張り日本が前衛的かつ常に刺激的で、新怪獣の登場は常に我々の心を熱くした。とは言うものの、平成ゴジラシリーズにおいてはスペースゴジラくらいから「あれれ?」という一抹の不安の雨雲は生じ、デストロイアでは芹沢博士の夢はただ単に巨大で愚鈍なキグルミへと変貌した。その後のゴジラシリーズは衰退の一途を辿り、文字通りFinal Warsにて再起不能な程に愚劣な作品に成り果てた。あの映画で評価するのは対エビラ戦くらいだ(そういえばパシフィックリムでもエビが上陸していた)。

 ガメラ以降は日本の怪獣映画はまるで振るわず、細々と外国のサラマンダーやグリードなんかのモンパニで一時的飢餓をしのぐだけとなる。他にも大量のCG映画が作られたが、ところてんのように心を通過し、後に1カロリーも残らぬ低カロリー動画ばかりであった。

 怪獣欲の満たされぬ胃袋は日増しに縮小し、少しの怪獣で満たされる老人型食生活となる。その折にパシフィックリムである。流石のデルトロ御大である。出来は非常に良い。飽きずに観られるし、心も躍る。しかし、ところてんの様だった。カロリ―は低い。暗い戦闘が多かったのも要因かもしれぬ。折角カッコイイカンフーイェーガーが一度切りの見せ場で敗退してしまったのも要因かもしれぬ。クリムゾン・タイフーンはかっこよかった。パトレイバー宜しく、ああした機体に漢字が刻印されていると萌える。パトレイバーと言えば、本作は久々に吹き替えで見たのだがイェーガーのドックにシゲさんがいたと言えばもうその点で満足はいった。


スミスヤモリ
 パシフィックリムは心躍る映画だったが、怪獣欲が満たされたかと言えば、必ずしも是とは言い切れぬ。洋物の怪獣には何故かほとんど色彩がない。そして、怪獣一体を綺麗に魅せるロングショットが少ないというのも要因だろう。幼い頃から怪獣インフレを受けていた胃袋では、戦闘シーンの連続はずっと肉を食わされているようなものである。一枚の絵になるシーンさえすればそれがアぺとなるし、ソルベとなり、結果印象に残ることとなる。
 未だ満たされぬ怪獣欲は、しかし、ボビットの冒険のスマウグで満たされることと期待している。

スミスヤモリはカッコイイ。
スポンサーサイト

テーマ:生き物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/08/16(金) 17:21:32|
  2. ヤモリ Geckos
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

ニシヤモリ

ニシヤモリ
ニシヤモリ Gekko sp.
撮影地:長崎県平戸島

 さて、九レプの翌日、いそいそと車を飛ばし長崎県は平戸島でニシヤモリ探し。

 生体自体は以前研究室でキープされているものを1個体だけ見たが、体格的にニホンヤモリと比べて非常にがっしりしており、体表の大型鱗も密で、どちらかというとタレントラなどのカベヤモリを彷彿させた。その個体でも随分と驚いたものだが、実際のところその個体は亜成体のオスで、まだまだ完成途中ということが上の写真の個体を見てわかるように思い知らされた。

 写真個体は特に大きな雌個体だが、ニホンヤモリと見間違うことはない程に特徴的である。巨大な体躯に荒々しい体表。密に入る斑紋パターンも魅力的で、完成型はこれほどまでに素晴らしいヤモリとなるのだ。写真では写っていないが腹面も鮮明な黄色を発色し、これまた白色のニホンヤモリとは一線を画く。

ニシヤモリ
 生息域では非常に個体密度が高く、主に海岸沿いの岸壁の隅間に群れるようにして潜んでいる。大局的に見ればニホンヤモリと同所的に分布はしているが、微環境で棲み分けがある様で、両種が混在して見られることはなかった。

ニシヤモリ
 ニホンヤモリが家住性のヤモリならば、ニシヤモリは海岸の岸壁ヤモリといったところで、なるほど生息環境の岩の上で見てみればいかに環境に適した外見なのか納得がいく。

 強行突破で行った道程だが、この姿を見られただけでも行ってきたかいがあった。ちなみに今回はリンク先の「Nyandfulな日々」管理人さんが同行した旅で、氏の「ニシヤモリ見たいんです」発言がなかったら実現し得なかった。ここに微細ながら感謝の意を表す。

テーマ:生き物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/04(火) 23:22:25|
  2. ヤモリ Geckos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

大矢守参天

トッケイ
トッケイ Gekko gecko

頭の模様が点々でなくY字。ポピュラーなヤモリだが、こうした個性を見ていくと面白いし、集めたくなる。広いケージで飼って太らせるとそれなりにハンドリングできるように思う。感覚的にはアカマタを慣らす感じかな。

トッケイ
 
ただ、慣れると明け方にトッケイトッケイと7回以上は平気で鳴く。可愛いから良いけど、これが壁の薄いアパートとかだったら、お隣さんにどう思われるだろうか。

トッケイ
もっとブリブリを目指します。

テーマ:生き物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/02(土) 01:42:35|
  2. ヤモリ Geckos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

The Gecko is on a red table.

ビブロンゲッコー

ビブロンゲッコー Chondrodactylus bibronii

 属名で気づかれる方もいると思いますが、ビブロンゲッコーは最近かのグローブヤモリ Chondrodactylus angulifer と同属に置かれる様です。確かにタイガーゲッコー Pachydactylus tigrinus とかのぱっちーと比べると異質ですもんねぇ。ちゃんと論文読まなきゃですが、今日はもうおねむなのです。

久々に飼育種を載せるなぁ。

(使用カメラ:OLYMPUS E-620)

テーマ:生き物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/08(金) 00:52:24|
  2. ヤモリ Geckos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Green Eye's Beast

Gehyra marginata

ハルマヘラジャイアントゲッコー Gehyra marginata

我々が、もし卑小な昆虫だったなら、その美しい瞳を見ることなく、この獣に捕らわれていたことだろう。

Gehyra marginata

我々は、観察者足り得ることで、この小さな獣を堪能することが出来るのだ。

(使用カメラ:LUMIX DMC-FZ50) 

テーマ:生き物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/27(金) 20:15:50|
  2. ヤモリ Geckos
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

アダシノレン

Author:アダシノレン
ノーダリニッチ島へ

修士[理学]


Mail : アルファベット小文字で,b.candidus@gmail.com



当ブログへのリンクはフリーですが、写真の無断使用・転用はお断りします。きちんと言って下さいまし。


使用カメラ : LUMIX DMC-FZ50
      : OLYMPUS E-620
: OLYMPUS E-3

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード