Groveling things

爬虫類やらその他のイキモノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

前後ろ横

チョボクチガエルの一種
Kalophrynus punctatus

Kalophrynus punctatus

Kalophrynus punctatus

Kalophrynus punctatus

撮影地:ボルネオ ポーリーン
スポンサーサイト
  1. 2015/04/01(水) 01:52:36|
  2. カエル Frogs
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セマルハコガメの森

ヤエヤマセマルハコガメ
ヤエヤマセマルハコガメ Cuora flavomarginata evelynae
撮影地:西表島
  1. 2015/03/23(月) 22:01:07|
  2. カメ Turtles
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

樹上のサキシママダラ

サキシママダラ
サキシママダラ
撮影地:西表島

 結構蛇というのはどんなものでも思ったより木に登っているもんで、常々下ばかり見て蛇を探しているが、上を見上げても発見はある。西表島の樹上蛇の二大巨頭といえば、イワサキセダカとサキシマバイカダだが、小生はイワサキセダカに関しては樹上で見かけたことはついぞ無い。バイカダも同様で、セダカに比べれば発見は容易で、出合う機会は多いのだが、見かけるのは大抵路上だ。
 尤もそう言っていたのは、今まであまり顔を上げて木の上を探していなかっただけで、目線を変えれば彼らには出会える。そうした本来の姿を期待して、撮影に息巻いていると、早速バイカダらしき蛇を見つける。いそいそとカメラを構えるとこれがザラ種のマダラちゃん。チョウチョでいうとモンシロチョウである。八重山でいうとスジグロカバマダラである。
 小生マダラ自体は嫌いでもなく、寧ろ数々の変異個体を集めるくらい好きな蛇であるが、樹上のバイカダを探しているテンションでこれをやらると「お前は登らなくてもいいだろう」と小言の一つもくれてやりたくなる。

+P8064040_2015032321555922f.jpg

 しかし、まあ、このように愛嬌を振りまいてくれるので、すぐに腹の虫も収まる。
  1. 2015/03/23(月) 21:58:33|
  2. ナミヘビ(国産) Colubridae (Japan)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あまみはなさき

Odorrana amamiensis
アマミハナサキガエル Odorrana amamiensis
撮影地:奄美大島 宇検村

やっぱし、奄美かなぁー
「有頂天家族」の続編面白い。面白きことは良いことなり。
  1. 2015/03/20(金) 22:00:15|
  2. カエル Frogs
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鰐亀頭骨

Macrochelys temminckii
ワニガメ Macrochelys temminckii

馬齢を重ねて参拾壱年。
  1. 2015/03/19(木) 13:18:24|
  2. カメ Turtles
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

アダシノレン

Author:アダシノレン
ノーダリニッチ島へ

修士[理学]


Mail : アルファベット小文字で,b.candidus@gmail.com



当ブログへのリンクはフリーですが、写真の無断使用・転用はお断りします。きちんと言って下さいまし。


使用カメラ : LUMIX DMC-FZ50
      : OLYMPUS E-620
: OLYMPUS E-3

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。